富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年) > 先物取引損失金返還名目の特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(12月22日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年)

最終更新日:2015年2月26日

先物取引損失金返還名目の特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(12月22日)

先物取引損失金返還名目の特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(高岡署)

1 発生日
  10月30日から11月12日までの間

2 被害者
  高岡市在住のA(40歳代・男性)

3 被害総額
  375万8,000円

4 事案の概要
(1) 10月30日、Aさんの携帯電話に、インデスジャパンのオガワと名乗る男から電話がかかり、「私は、Aさんが過去に先物取引で損失を出したことを知っている。Aさんには、戻ってくるお金が790万円ある。」「790万円を受け取るためには、弁護士の口座に790万円の一割である79万円を振り込む必要がある。」等と言われた。
  しばらくすると、Aさんの携帯電話に、ニホンソウゴウホショウのコンドウと名乗る男から電話がかかり、「弁護士に支払う79万円は、担当の弁護士名義の口座に振り込んでもらう。」等と言われ、振込先の口座番号を教えられた。
  その後、再びオガワから電話がかかったことから、Aさんが、手持ちが50万円しかない旨を伝えたところ、オガワから、「こちらで29万円を立て替える。790万円を受け取った後に支払ってもらえばいい。」等と言われた。
(2) 10月31日、Aさんは、コンドウから指定された口座に現金50万円を振込送金したが、その後、コンドウから電話がかかり、「振込が50万円と29万円に分かれているのは、おかしい。」等と言われた。
  Aさんが、オガワに29万円を立て替えてもらった旨を説明したところ、コンドウから、「委託会社の者がお金を立て替えることは、犯罪になる。」「本来は駄目なことだが、オガワが振り込んだ29万円を止めるので、今すぐに29万円を自分で振り込んでほしい。」等と言われた。
(3) 11月4日、Aさんは、コンドウが指定した口座に現金29万円を振込送金したが、その後、コンドウから電話がかかり、「オガワが29万円を立て替えたことで口座が凍結され、Aさんとオガワで振り込んだ79万円を出金できなくなった。」「790万円を受け取るために、もう一度、50万円を振り込んでほしい。」等と言われたため、Aさんは、コンドウが指定した口座に現金50万円を振込送金した。
(4) その後も、コンドウから電話がかかり、「Aさんに更に360万円を返金することになった。先に返金する予定の790万円と合わせると、1,000万円を超えてしまうので、126万8,000円の手数料がかかる。」「金融庁に許可をもらいに行ったら、駄目だと言われた。あと120万円振り込んでもらえれば、許可が下りる。」等と言われたため、Aさんは、11月10日から11月12日までの間に3回に分け、現金246万8,000円を振込送金した。
(5) 11月14日、コンドウから電話がかかり、「手続きに時間がかかっている。1,150万円の振込は来週になる。」等と言われたが、コンドウやオガワと連絡が取れなくなったことから、だまされたことに気付き、当署へ届け出たもの。
 ※ インデスジャパンは、全国に商業登記がない。

5 特に注意喚起していただきたい事項
○ 「過去に損をしたお金が戻ってくる。」「お金を受け取るためには、手数料がかかる。」等と電話をかけるのは、特殊詐欺の手口です。
  犯行グループは、言葉巧みに金銭を要求してきますので、注意してください。
○ 不審な電話等があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211