富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部総務課 > 県民からの応援メッセージ

県民からの応援メッセージ

最終更新日:2017年7月27日

見出し

イラスト 県民の皆様が警察に期待するのは、素朴な正義感をもって、県民の安全・安心のために地道な活動をしている「おまわりさん」の姿。
 富山県警察の地道な活動に対して、「感激した」「頼もしかった」等々たくさんのお礼が舞い込んでいます。
 ここでは、その一部を要約して紹介させていただきます。


交通事故対応〜富山南警察署〜

イラスト 交通事故現場において、現場臨場した警察官が事故当時者の高齢者に親切丁寧に応対したことに対し、感謝の手紙が届いた。
 
     (平成29年7月)

高齢者宅前違法駐車車両対応〜入善署

イラスト 高齢者宅前違法駐車車両について見慣れない車であり、不安との届出に対し、確認し車両を移動させた。迅速かつ丁寧な対応に対し感謝の手紙が届いた。

    (平成28年12月)

徘徊男性を保護対応〜小矢部警察署〜

イラスト 高齢男性が隣県で旅行中に行方不明となり、県境トンネル内を徘徊中のところ無事保護したもの。その対応に感謝の手紙が届いた。

    (平成28年10月)

山岳負傷者救助対応〜山岳警備隊〜

イラスト 北アルプス薬師沢付近木道において、スリップし腓骨を骨折し自力歩行が不能になった登山者を、山岳警備隊が救助しヘリで病院搬送したことに対し、感謝の手紙が届いた。

〜手紙抜粋〜
「私の不注意による怪我で多数の方のお手を煩わせてしまい反省」「今後はさらに安全に配慮のうえ、山に入りたい」

                 (平成28年8月)

山岳傷病者救助対応〜山岳警備隊〜

イラスト 三俣山壮において、高山病の疑いで行動不能となった女性登山者を、山岳警備隊が救助しヘリで病院搬送したことに対し、感謝の手紙が届いた。

〜手紙抜粋〜
「隊員のみなさんは、とても優しく気遣いくださり、有難うございました」「今後はムリのない登山について考え直したい」

                 (平成28年8月)

山岳負傷者救助対応〜山岳警備隊〜

イラスト 朝日岳水平道のガレ場において、足を捻って右足首を負傷した遭難者を、山岳警備隊が救助しヘリで病院搬送したことに対し、感謝の手紙が届いた。

〜手紙抜粋〜
「登山中に怪我をしたのは初めてでとても困惑しましたが警備隊の方の指示で安心して帰宅できました」「さすが日本一の山岳警備隊ですね。すばらしい!!」

                 (平成28年8月)

落し物の発見返還対応

イラスト 大分県から訪れた女性が、財布や携帯の入ったバックを忘れたと遺失届出があった。遺失者は旅行中であり困っていると思い置き忘れた場所に警察官が赴いたところバックを発見し返還したところ、女性から感謝の手紙が届いた。

    (平成28年5月)

落し物の発見返還対応

イラスト 神奈川県から訪れた男性が、財布を富山空港付近で落としたが、拾得届により会計職員が返還。その財布は、奥様からの記念日のプレゼントであり、男性から感謝の手紙が届いた。

    (平成28年3月)

1人暮らし女性宅の立寄り警戒〜高岡警察署〜

イラスト 1人暮らしの高齢女性宅で、「不審者が自宅の様子を伺っている」と相談があった。受持ち警察官がパトロール強化やセンサーライト設置の助言、定期的に立寄りパトロールカードを置いたところ、その活動に対して女性から感謝の手紙が届いた。

    (平成28年1月)

ひき逃げ事故対応〜氷見署〜

イラスト 氷見市内駐車場内で、ひき逃げ事故の被害にあった。事故を担当した警察官が、目撃情報等の捜査を尽くし、ひき逃げ犯を発見したことに対し感謝の手紙が届いた。

    (平成27年12月)

当て逃げ事故対応〜富山中央署〜

イラスト 富山市内店舗駐車場内で、当て逃げ事故の被害にあった。事故を担当した警察官2名が、防犯カメラ等の捜査を尽くし、当て逃げ犯を発見したことに対し感謝のメールが届いた。

    (平成27年12月)

山岳負傷者救助対応〜山岳警備隊〜

イラスト剱岳付近、前剱東尾根において3人パーティーの内1人が滑落し亡くなられ、2人も疲労等で下山不能となった事案に関して、山岳警備隊が遭難者を捜索の上、発見救助しヘリで搬送したことに対し、感謝の手紙が届いた。

〜手紙抜粋〜
「危険と隣り合わせの活動には頭が下がる思いです」「警備隊の尽力がどんなに心強いか」「事故の検証を行い、再発防止に
              努めます」
    
          (平成27年10月)

山岳負傷者救助対応〜山岳警備隊〜

イラスト黒部峡谷仙人谷において雪渓を踏み抜き転落した遭難者を、山岳警備隊が救助しヘリで病院搬送したことに対し、感謝の手紙が届いた。

〜手紙抜粋〜
「命がけの救助で幸い骨折だけですみました」「テレビでご自身の大切な命をかけて救助している山岳警備隊の姿を目にするたびに胸をいためております」

           (平成27年10月)

家のカギを遺失した児童を保護〜上市警察署〜

イラスト家のカギを遺失して帰れなくなった小学校2年の児童を、学校にいるカギを持った小学5年の姉に送り届け無事帰宅させたことに対し、感謝の手紙が届いた。

    (平成27年10月)

沿道警備に感謝〜富山北警察署〜

イラスト 天皇皇后両陛下の行幸啓に際して、ホテル前で支援隊として従事していた警察官が、沿道の方々に対して待ち時間を感じさせないよう軽妙な話で和ませたこと等に対し、感謝の手紙が届いた。
〜手紙抜粋〜
 どうか健康に留意され県民のため頑張ってください。陰ながら応援しています。紙上を借りて「ありがとう」

 (平成27年10月)

演奏活動の実施〜警察音楽隊〜

イラスト 警察音楽隊が、ふれあい育成スポーツ大会において交通安全呼び掛け演奏を実施したところ、参加した子供たちが曲に合わせて体操したり楽しい時を過ごさせていただきましたと、感謝の葉書が届いた。

    (平成27年10月)

落し物の発見返還対応

イラスト 長野県から海水浴に訪れた女性から、電話による遺失届を受理した警察官が、申出の区域を検索し、その遺失物を発見し返還したことにより、感謝の手紙が届いた。

    (平成27年7月)

山岳負傷者救助対応〜山岳警備隊〜

イラスト 薬師沢小屋付近大東新道を登山中の県外女性が、川に転落し右肩脱臼のため行動不能となり、県警ヘリ「つるぎ」及び山岳警備隊が連携し救助したことに対し、感謝の封書が届いた。
〜手紙抜粋〜
「迅速な対応と穏やかな言葉がけは、痛さと不安がいっぱいの私に安心を下さいました。今後はより一層安全登山に心がけます」
    (平成27年8月)

山岳負傷者救助対応〜山岳警備隊〜

イラスト 雄山付近を登山中の県外からの女性が、頭部を負傷したと救急要請があり、山岳警備隊と防災航空隊が連携し救助したことに対し、感謝の封書が届いた。
〜手紙抜粋〜
「(隊員の)顔を見て安心した」「(遭難が)人ごとの様に思っていましたが、自分がお世話になると思っていなかった」「生きてて良かった」

                (平成27年7月)

地理教示対応〜入善警察署〜

イラスト 県外旅行者が道に迷い、駐在所を尋ねてきた際に、駐在所員が自宅までの交通手段等を親切に案内したことに対し、感謝の葉書が届いた。

    (平成27年7月)

途方にくれた女子中学生の保護〜富山中央警察署〜

イラスト 石川県内から首都圏へ向けた高速バスが故障し、深夜富山駅前で降車することになり、1人で途方にくれていた女子中学生の家族から、保護依頼を受けた交番員が親切丁寧に対応したことに対し、家族から感謝の手紙が届いた。


    (平成27年6月)

空家に対する立寄り警戒〜富山西警察署〜

イラスト 1人暮らしの身内が亡くなり空き家になっている実家に、受持ち警察官が定期的に立寄り、パトロールカードを置いたところ、その活動に対して家族から感謝された。

    (平成27年5月)

落し物の発見返還対応〜射水警察署〜

イラスト パトロール中の警察官が、警報ベルが鳴っている子供用携帯電話を拾得、返還手続きを実施したとことで、その持ち主親子から感謝の手紙が届いた。

    (平成27年4月)

車椅子使用の方に対する親切な対応〜黒部警察署〜

イラスト 新幹線黒部宇奈月温泉駅構内において、署員が車椅子に乗った方とそのグループがホームに入る際乗車の介添えをした。車椅子に乗った方は有名作家で宇奈月に取材の帰りであり、同グループは出版社文庫編集部の方々で、お付きの方から駅での対応に感謝の手紙及び写真が届いた。

    (平成27年4月)

写真

【 情報発信元 】
警察本部総務課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部総務課
電話:076-441-2211