富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 運転免許 > 【よくある質問】現在、海外に滞在しており、更新期間内に日本に戻ることができません。運転免許証の有効期間が切れてしまった場合の、手続きについて教えてください。

【よくある質問】現在、海外に滞在しており、更新期間内に日本に戻ることができません。運転免許証の有効期間が切れてしまった場合の、手続きについて教えてください。

最終更新日:2017年4月28日

運転免許の有効期間が切れて失効した場合、更新手続きはできません。
また、運転をした場合には無免許運転となります。
海外滞在等で更新期間内に更新できなかった場合、失効後3年以内で、かつ、事情がやんだ日から1ヶ月以内に手続きをすれば、学科試験と技能試験を免除して、適性試験だけで新規の運転免許を交付してもらえる制度があります。
この手続きは、住所地を管轄する公安委員会で行う必要があります。


受付日 月曜日から金曜日(国民の祝日、振替休日及び年末年始を除く)
受付時間 午前8時30分から午前9時00分、午後1時00分から午後1時30分
受付場所 富山県運転免許センター
必要な書類等 
◆本籍(国籍)記載の住民票1通(※個人番号(マイナンバー)が記載されていない住民票を
提出となります・コピーは不可)
 ・個人番号(マイナンバー)が記載された住民票を持参された場合、サインペン等で個人
 番号(マイナンバー)記載部分をマスキングしていただきます。
 ・外国籍の方は国籍、在留資格・期間等が記載された住民票
 ・住所が富山県内にあり、市町村発行のもの   
◆本人確認書類(提示のみ)
 ・健康保険証、住民基本台帳カード、旅券(パスポート)、在留カード、特別永住者証明書
 ・官公庁が法令の規定により交付した免許証、許可証又は資格証明書等の書類
 ・官公庁がその職員に対して発行した身分を証明するに足りる文書
 ・学生証、社員証等身分を証明するに足りるもの
◆失効した運転免許証
◆写真1枚(運転免許センター内で有料撮影可・500円)
◆更新のお知らせハガキ(無い場合は不要)
◆手数料(普通免許のみの方は受験手数料、交付手数料、講習手数料等合計
約6,000円。大型免許、自動二輪免許などその他の免許もお持ちの方は1免種毎に約2,100円ずつ加算してください。)
◆ やむを得ない事情があった期間を証明する書類として、出入国スタンプが押印されているパスポート(複数にまたがる場合は新旧全部のパスポートをお持ちください。)
◆ 適性試験(視力等の試験)があるので、眼鏡など必要な方は持ってきてください
◆ 渡航先の外国で運転免許証を取得されている方はその外国免許証もお持ちください


なお、外国居住で富山県内に住所が無く住民票の取得ができない場合は、一時帰国先となる親族の方の住民票、その親族との関係を示す戸籍抄本および居住証明書が必要になります。
居住証明書は親族の方の住民票裏面に、下記例のように記載してお持ちください。

例

 申請に必要な住民票、戸籍抄本などのコピー等は認めておりませんので、本紙を持参してください。
 前記の居住証明書に添える証明者の身分証明書等は運転免許証、健康保険証等のコピーでもかまいません。
 詳細については前記受付日、受付時間において、下記にお問い合わせください。
 なお講習区分については実際に書類を確認しないとお答えいたしかねますのでご了承ください。

問い合せ先
       富山市高島62番地1
       富山県警察本部運転免許センター免許試験係
       電話 076−441−2211(代表)

【 情報発信元 】
警察本部 交通部 運転免許センター 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 交通部 運転免許センター
電話:076-441-2211