富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 登山 > 登山者の皆さんへ

登山者の皆さんへ

最終更新日:2012年6月14日

 山の状況は季節に応じて多種多様に変化します。山へ行く際には、季節に応じた準備や行動が必要になります。近年の山岳遭難の特徴を、季節ごとに挙げましたので参考にして下さい。

1 春山(3〜6月)

○ゴールデンウィークころまで
 平野部では春の陽気に包まれていても、標高の高いところではまだ降雪があり、積雪も多く見られます。
 この時期の遭難では、予想以上に硬い雪上での滑落や厳しい気象状況を見誤った結果の遭難が目立ちます。
 一たび天候が悪化すれば完全に冬山となりますので、入山の準備や計画も冬山であることを前提として行いましょう。

○ゴールデンウィーク後
 気温もかなり高くなりますが、まだまだ残雪が登山道を覆い危険な個所が多くあります。
 そういった場所での滑落がよくありますので、事前によくルートを確認し、残雪がある所へ行く場合はアイゼン、ピッケル等の必要装備を準備しましょう。

山岳特別広報班「チーム・ケルン」出発式(平成21年4月30日)

http://police.pref.toyama.jp/c110102/cms/new/c110101/cms/new/c110101/cms/new/c110101/cms/new/F:\登山者の皆さんへ\535\IMG_2579.jpg※4月末の室堂ではこのように積雪が多く残っています。

【 情報発信元 】
警察本部 生活安全部 地域課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 生活安全部 地域課
電話:076-441-2211