富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察一般 > 「テロ対策ネットワークとやま」 > 『テロ対策ネットワークとやま定例会の開催』(平成30年11月29日(木)開催)

「テロ対策ネットワークとやま」

最終更新日:2020年2月19日

『テロ対策ネットワークとやま定例会の開催』(平成30年11月29日(木)開催)

『テロ対策ネットワークとやま定例会の開催』

 平成30年11月29日(木)富山国際会議場において、「テロ対策ネットワークとやま」の定例会を開催しました。

写真 定例会には、官公庁、ライフライン、鉄道・運輸、各種協会・団体等から40機関約50名が参加し、山田知裕警察本部長が「国際情勢が依然として厳しい状況の中、G20大阪サミット、ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピック競技大会等、国際的に注目を集める行事が相次ぐことから、ネットワークの構成機関の皆様方とテロに対する危機意識の醸成を図るために有意義な意見交換を実施し、「テロ対策ネットワークとやま」が、テロ対策を推進する上で「要」となるようお願いしたい」と挨拶をしました。

写真 その後、(公財)公共政策調査会研究センター長の板橋功氏が、「最近のテロ情勢と対策〜2019・2020年に向けて〜」をテーマに講演され、最近の国際テロ情勢や2019年の警備問題について、日本におけるテロの脅威度が上昇していることを踏まえ、
○ 富山に置き換えて考える
  自治体、事業者、施設管理者はセキュリティの当事者であり責任者
○ 繰り返し訓練の必要性
  同じ内容の訓練でも、より多くの人に参加してもらうため、色々な場所で何回も実施することが大切
○ セキュリティ共同体
  安全を全員で考える。地下鉄サリン事件直後は、国民が誰に言われることなく不審物の有無を確認した
等、県民一人一人が当事者意識を持つことの重要性について、説明されました。

写真

写真 さらに、構成機関によるテロの未然防止に向けた取組について報告と意見交換を行い、構成機関相互の情報共有を図りました。

写真

写真

【 情報発信元 】
警察本部 警備部 警備課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 警備部 警備課
電話:076-441-2211

オンライン県庁