富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察一般 > 富山県留置施設視察委員会 > 平成29年度富山県留置施設視察委員会活動状況

富山県留置施設視察委員会

最終更新日:2018年7月10日

平成29年度富山県留置施設視察委員会活動状況

任命状況等

 富山県留置施設視察委員会は、平成29年6月8日、富山県公安委員会から4人の委員が任命を受け(任期1年)、同日会議を開催し、年間活動計画等の決定がなされました。

視察状況等

 同委員会は、県下15留置施設の内、10留置施設を視察するとともに、面会要望のあった4人の被留置者と面接を行うなどしました。

委員会からの意見及び留置業務管理者の措置状況

 同委員会は、各施設の留置業務管理者(警察署長)に対し意見を述べ、これを受けて各施設の留置業務管理者は、必要な措置を講じるなどしています。

委員会からの意見 留置業務管理者の措置状況
【施設関係】
1 施設内の壁の傷みが酷いところがあるので、改善願いたい。  施設が古いことから、壁の塗装が浮いてきているもので、順次改善を行うこととしています。
2 布団庫内の湿気が気になる施設があったことから、改善に努めてもらいたい。  状況に応じて換気を行い、布団乾燥機を使い湿気を除去する等して対応しています。
3 枕は病院の診察室で使うようなものであるが、もう少し快適な素材のものはないのか。  枕については、危険物の隠匿を防ぐため、単純な構造で壊れにくいものとしています。
【処遇関係】
1 風呂の浴槽が深いところがあるが、高齢者が入浴する際、配慮願いたい。  当該施設では通常入浴させていないが、仮に必要な場合、職員が介助することとしています。
2 食事の写真を見たが、汁物は出ないのか。  食事については、本人の好みで、白湯か水を与えて対応しています。
3 手紙の差出人欄に留置施設名を書くとのルールの施設があったが、プライバシーの問題もあり、改善を検討願いたい。  差出人欄については、留置施設名を書いても書かなくてもよいことに見直し改善しました。
4 運動は、土日祭日はないとのことであるが、休みが続く連休などは行わせた方がよいのではないか。  運動ができない日が3日間続く場合は、土日祭日であっても、運動をできるように対応しています。
5 被留置者の食事について、量や献立等のバランスに配意してもらいたい。  今後も給食業者と協力し、被留置者の食事に配慮しています。

【 情報発信元 】
警察本部留置管理課 電話:076-466-0110  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部留置管理課
電話:076-466-0110