富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 交通安全 > 交通安全博物館ってご存知ですか?

交通安全博物館ってご存知ですか?

最終更新日:2005年4月1日

「子供から高齢者まで、幅広い年齢層の方が展示機器を直接 操作
し体験することで、気軽に楽しみながら交通ルールを学 ぶことが
出来る。」
ということで人気の高い交通安全博物館(セーフティ愛ランド)。
県外から訪れる方もいらっしゃいます。 皆さんは、もうお試しに
なりましたか?
「交通安全なんて堅苦しいから・・・。」なんて敬遠しないで、
ちょっと覗いてみて下さい。きっと、実際に体験したくなりま す
よ。


それでは、ご一緒にどうぞ(^0^)/

★まず、正面玄関から入るとすぐ、エントランスゲート

“街かどからくりウォール” が目に入ります。
この館のメディアナビゲーター鳥のキャラクターがお出迎え!

街かどからくりウォール★期待を胸に足を進めると・・・
“ビデオライブラリー” のコーナーが。
自由に自分の見たいビデオを選んで見ることができます。

★そして、子供(大人も!)に一番人気の”歌で覚える交通安全” コーナー。

歌で覚える交通安全「歩行者・自転車編」と「ドライバー編」の2つから
自分の好きな方を選ぶと―――――
画面に3択式のクイズが出てきます。
高得点を出すと、CGキャラクター(どれが登場するかは
見てのお楽しみ〜!!)が登場し、一緒に写真が撮れます。

中にはこんなキャラクターも。
ちゃんとプロフィールが映し出される。↓

キャラクター――ちなみに、筆者もトライしましたが、難問に悪戦苦闘!
あえなく撃沈。このコーナーは、大人でもついムキに
なってしまうのであります・・・(ToT)。

「なんとしてもキャラクターとともに写真を撮らねば・・・。」
と、再度トライ!今度はトントン拍子に正解が続き
無事にかわいい女性キャラクター『河井 伊代』ちゃんと写真を
撮ることに・・・。(キャラクターにも名前が付いてます。)
それが、これ↓

スタンプ真は自動的にプリントアウトされてくるので、持ち帰ることが
出来ます。何回もトライ出来るので、是非挑戦してみよう!

★お次は、 “交通ルールを守ろう” コーナー。

設備写真 3人の悪者キャラにさらわれた友達を救う!という設定。
早速トライするが・・・

ううっ、さっきのクイズよりちょっと難しい〜〜。
なかなか上手くいかないせいか、悪者3人キャラがなつかしの
「タイムボカン」シリーズのキャラと重なって見えるのは、
私だけ?

「落ち着いて、きちんと交通ルールを守っていくとうまくいき
ますよ。」とのアドバイスに従って再挑戦すると・・・
今度は無事に友達を救うことが出来ました。

★エキサイトしてしまった気持ちを冷静にさせるのが、
ここ “危険予知力再発見” のコーナー。
毎日ハンドルを握るドライバーでも、意外な
盲点に気付かされます。

★地球を守るパトロール隊員気分を満喫させてくれるのが、
“事故原因を推理しよう” のコーナーです。
様々な場面での事故原因を探し当て、最終ステージをクリア
すると、自分の名前入りの隊員証が発行されます。

キャラクター★さて、これまで画面を見ながら頭を働かせるコーナーを紹介
してきましたが、この先は、体もいっしょに動かしましょう!
まず、幼稚園・保育園児や小学校低学年のお子さんには

“横断シミュレーション”

横断シミュレーション

“交通の音”

“交通の音”

小学校中学年〜高齢者の方には“自転車シミュレーション” のコーナーを。

自転車シミュレーション

★ドライバーの方は “乗用車シミュレーション” にトライ!

乗用車シミュレーション特にこのシミュレーションは、自動車学校等でみられる
走行コースが固定されているものとは違い、実車感覚で
自由に走行できます。終了後は、運転適正評価結果をプ
リントし、持ち帰ることが出来ます!あなたの評価は?

なめてかかると大変なことに・・・BOM!
車酔いしやすい人は、ちょっと気を付けて。

紹介してもらった館内の見取り図

一階本当にバラエティにとんだ機器が揃っています。
コンピューターが使われていますが、操作がとても
簡単なので、小さいお子さんや高齢の方でも大丈夫!
家族揃って楽しめます。おまけに冷暖房完備で無料
なのがまた、うれしい!!

では、2階を案内します。

2階

★ひときわ目を引くのが、“富山県の雪と交通対策”コーナーのパネルです。

富山県の雪と交通対策★そして前回紹介したビデオライブラリーでは、2〜3人
でしか見ることのできなかったビデオも、ここ “ミニ・シアター”
コーナーではちょっとした映画館で見るように大勢で見る
ことができます。

富山県の雪と交通対策博物館内の施設を満喫し大満足V(^^)V・・・
★しか〜し、建物の中だけではなく外には素晴らしい

“交通安全自転車練習” コースが!

コースここでは、自転車の正しい乗り方やルールを実際に自転車
に乗りながら学ぶことができます。
無料自転車80台を備えているんですよ。

また、毎年「交通安全子ども自転車富山県大会」が、開催
されます。各地区の小学校から代表で選ばれた選手達が学科
と実技で競い合い、団体優勝した小学校の選手達は、東京で
行われる全国大会への切符を手にいれるんですよ。
↓大会風景

大会風景へえ〜〜、踏切や信号機、一本橋やS字型コースもあるの
か。自転車は、車の一種だからやっぱりきちんとルールを
学んで正しく乗らないとね!

●自転車練習コースの休園日
祝日・月曜日・年末年始(12/29〜翌年1/3)

お問い合わせは
〒931−8441
富山市高島62番地
富山県交通公園 交通安全博物館まで
電話(076−451−9300)

富山県交通公園 交通安全博物館 利用のごあんない

開館時間 午前9:00〜午後4:30

休館日 祝日・土曜日・年末年始(12/29〜翌年1/3)

交通 富山駅7番バス停から済生会病院行き乗車
運転教育センター下車(徒歩2分)

地図〒931−8441
富山市高島62番地(電話076−451−9300)

【 情報発信元 】
警察本部 交通部 交通企画課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 交通部 交通企画課
電話:076-441-2211