富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 防犯・捜査 > 特殊詐欺被害ゼロ地区運動

特殊詐欺被害ゼロ地区運動

最終更新日:2020年9月11日

地域のみんなで特殊詐欺被害ゼロを目指しましょう!

 平成30年から、県内の各地区で「特殊詐欺被害ゼロ」を目指した特殊詐欺被害ゼロ地区運動を実施しています。
 「詐欺ゼロ」を合言葉に、地域の絆を深め合い、被害の未然防止に努めましょう!

マーク

        − 特殊詐欺被害ゼロ地区運動 −

 依然として被害が後を絶たない特殊詐欺被害を地域の絆で歯止めをかけるべく、参加地区の実情に応じた取組を推進し、運動期間中における地区住民の「被害ゼロ」(未発生)を目指す運動。

参加資格

○ 地区安全なまちづくり推進センター
○ 地区の実情に応じて「被害ゼロ」を目指した取組を推進すること。

<令和2年度の参加地区>
県下全15市町村から100地区が参加しています。

運動期間

令和2年8月1日(土)〜12月31日(木)

参加地区への活動支援

運動啓発品○ 活動支援品の提供
  参加地区には、被害ゼロを目指した取組に必要な活動支援品(のぼり旗、詐欺ストップ
 シール、ポスター、チラシ等)を提供します。
○ 特殊詐欺情報の提供
  地区リーダー等には、詐欺被害の発生速報等の被害防止に関する情報を随時提供します。

特殊詐欺被害ゼロ地区運動開始式

開始式写真 令和2年8月3日、警察本部において運動開始式を開催しました。
 本年度は、新型コロナウイルス感染対策のため、代表地区の出席による開催となりました。
 最初に県警生活安全部長が挨拶し、続けて安全なまちづくり推進本部より活動支援品が交付されました。
 また、県警と「特殊詐欺等の犯罪被害防止に関する安全・安心協定」を締結している一般社団法人生命保険協会富山県協会より、活動啓発品(チラシ、ポケットティッシュ、簡易型通話録音装置)が贈呈されました。
 最後に、参加地区を代表し、富山市速星地区、高岡市木津地区が「特殊詐欺被害ゼロ地区宣言」を読み上げ、被害ゼロを目指した決意表明がなされました。
 開始式では「だまされんちゃ県民名誉応援団長」である高原兄さんより、参加地区への応援メッセージが披露され、熱いエールが送られました。

次第
1 生活安全部長挨拶
2 活動支援品の交付
  生命保険協会富山県協会による啓発品贈呈
3 特殊詐欺被害ゼロ地区宣言
4 運動実施要領説明
5 だまされんちゃ県民名誉応援団長・高原兄さんによる応援メッセージ披露

運動期間中の取組状況(例)

活動状況 8月〜12月の5か月間にわたり、参加地区では『被害ゼロ』を目指した様々な活動が展開されます。
 令和2年度の活動についても、順次ご紹介していきます!
 
<令和元年度の活動事例>
・地元の小学校と連携し、児童、父兄、教職員らと共に、のぼり旗を掲示しながら地区内を徒歩で巡回し、付近通行車両にPRする「百人パトロール」を実施
・地元の子ども達や学生ボランティアと協働し、駅やショッピングセンター、銭湯等において、利用客に対し啓発品を配布する等、被害防止キャンペーンを実施
・年金支給日に合わせ、地元の金融機関において「だまされんちゃ!ソング」を流しながら啓発品を配布し、特殊詐欺被害防止を呼び掛け
・地区の住民運動会や老人会、講習会、健康教室、各種イベント(新嘗祭、公民館竣工式、いも煮会、もちつき大会)等において特殊詐欺被害防止を呼び掛け
・警察署と連携し、地区内の高齢者世帯を戸別訪問し、特殊詐欺被害防止を呼び掛け
・地元のコンビニ店や金融機関へ啓発チラシ等を配布し、利用客に対する被害未然防止への協力を要請
・地区の女性部と連携した活動
・ゼロ地区運動の標語募集
など

表彰

達成記念品 運動目標に掲げた期間中の「被害ゼロ」を達成した地区に対し、富山県安全なまちづくり推進本部長表彰状及び達成記念品を贈呈します。
 令和元年度は、参加76地区中、72地区が被害ゼロを達成しました。

 令和2年度も、地域に根差した運動を展開して、特殊詐欺被害の根絶を目指しましょう!!

主 催

富山県安全なまちづくり推進本部(事業担当 警察本部生活安全企画課)

【 情報発信元 】
警察本部 生活安全部 生活安全企画課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 生活安全部 生活安全企画課
電話:076-441-2211

オンライン県庁