富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 防犯・捜査 > 住宅をねらった侵入窃盗被害の多発について

住宅をねらった侵入窃盗被害の多発について

最終更新日:2016年9月12日

住宅をねらった侵入窃盗被害の多発について

〜県内における8月中の被害が昨年比約1.5倍〜

1 概要

  県内では、住宅をねらった侵入窃盗被害の増加が著しく、本年8月末現在の認知件数が
 195件と、前年同期比+27件(+16.1%)であり、特に8月中は41件で前年同月比+13件
 (+46.4%)と急増しています。
  被害の態様としては、無締りによる被害が107件と最も多く、全体の半数以上を占めてい
 る一方、工具等を使用したガラス破りによる被害が59件で前年同期比+27件(+84.4%)
 と大幅に増加しています。
  また、侵入口としては、玄関等の出入り口が89件で全体のほぼ半数を占めています。

2 ハード面の防犯対策

  侵入に5分以上かかると、犯人が犯行を断念するケースが多く、狙われにくく侵入されに
 くい次の対策が被害防止に有効です。
 (1) 在宅中でもカギをかけておきましょう。
    特に就寝時や外出時は確実に戸締りをしてください。
 (2) 侵入されやすい箇所には、補助錠を取り付けましょう。
 (3) 塀、柵、植栽等は、周囲からの見通しを妨げないよう低く配置しましょう。
    また、家屋の周囲に足場となるものを置かないようにしましょう。
 (4) 防犯性能の高いドア、窓、錠前にするほか、センサーライトや防犯カメラ等の防犯
   設備を設置しましょう。

3 ソフト面の防犯対策

 (1) 犯人が嫌がる環境づくりとして、平素から隣近所とコミュニケーションをとり、見
   知らぬ人を見かけた際は、挨拶(声掛け)をしましょう。
 (2) 周囲を窺いながら住宅を覗き込むなどの不審者を見掛けた場合、その者の年齢や服
   装、交通手段(自動車、オートバイであればナンバー等)、その他特徴をメモして、
   迅速に警察に通報しましょう。

【 情報発信元 】
警察本部 生活安全部 生活安全企画課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 生活安全部 生活安全企画課
電話:076-441-2211